【おせち料理の由来】

【おせち料理の由来】

 

【おせち料理の由来】お正月には、豊作と福をもたらし、年をとらせてくださるおめでたい“年神様”がどの家にも訪れます。ですから、山海の幸を盛り込んだ御馳走を用意して年神様をお迎えしたり、年始の挨拶にいらっしゃるお客様をもてなしたりするわけです。

 

漢字で御節と書きますが、これは季節の変わり目・節目をお祝いする行事のときに神様にお供えするお料理を意味します。神様にお供えしたものをいただいて、その恩恵にあずかるという意味があるそうです。

 

古来より、節句料理を振舞う慣習はありましたが、江戸時代に庶民にも広がり、1年で最も重要な行事であるお正月にいただくお料理をさすようになりました。

 

おせち料理は、お正月に火の神様に休んでいただくために、台所で火を使うことを避けるという風習により、台所仕事をしないために年末に用意するようになったそうです。お正月くらいは女性の家事も休ませてあげようという意味もあるのでしょう。

 

重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という意味があり、五段重が正式とする説もありますが、四段(与段と呼ばれる)、三段、二段といった略式のものもあります。

 

一番上の一の重には祝い肴(かまぼこ、きんとん、伊達巻など)、二の重には焼き物、三の重には煮物、与の重には酢の物・和え物、五の重は予備として空にしておいたり、家族の好物を詰めたりします。


 

来年のお正月は、おせち料理を作らずにゆっくりしたいあなたへ!

 

年末にお届け可能!おせち通販はこちら